高額な中国切手について

2014-01-30

こんばんは!

『買取の窓口』店長の中村ですindecision

今回は、以前、買い取らせていただいた中国切手の中から、
高額中国切手を写真付きでご紹介したいと思います。

1980年 T46 赤猿 年賀切手 申 1種

 

こちらの切手は小型シートではない切手の中で、1枚での価格が
最も高額な切手の一つです。

 


1979年 T41m 少年たちよ、子どもの時から科学を愛そう 小型シート

 

こちらの切手は1970年代の小型シートの中で最も高額な切手の一つです。

 

 

1978年 T28m 徐悲鴻(奔馬)シリーズ 小型シート


こちらの切手は、「走る馬の群」という
タイトルがついている躍動感あふれる
デザインの切手になっております。
価格も、もちろん高額です。
 

 


1979年 J41 第31回リチオーネ国際切手展 (加刷) 小型シート】

 

この切手は、万里の長城の小型シートに「里喬内第31届国際郵票博覧会1979年」と金色で凸版で加刷した切手になります。加刷版は、上の徐悲鴻の小型シートと
同じくらい高額な切手です。

 

1963年 特57 黄山風景シリーズ 16種完

こちらの切手は、16枚で1セットと枚数が非常に多い切手になっていて、
全部そろっていることが非常に珍しい切手になっております。
デザインは黄山の風景を描いている切手になります。
こちらの切手も1960年代の切手の中では最も高額な切手の一つです。


1964年 特61 牡丹シリーズ 15種完

こちらの切手も、15枚1セットと非常に枚数が多い切手で、全部そろっていることが珍しい切手になります。
デザインは美しい牡丹が描いてあります。
こちらも1960年代の切手で高額な切手の一つです。
ただ、こちらの牡丹は小型シートがありまして、小型シートの方が高額で取引されております。

1970年 革3 パリ・コミューン100周年 4種完

 

こちらの切手は、「革シリーズ」の中で最も高額な切手の一つになっております。
デザインはコミューンの旗と、状況を描いております。

 

1974年 革17 工業機械 4種完

最後は「革シリーズ」の中で唯一、
機械のみを描いている切手になります。
紫の切手が「内冷タービン発電機」、
緑の切手が「水稲種まき機」、
赤の切手が「万能グラインダー」、
青の切手が「露天削岩機」、
のデザインになっております。
こちらの工業機械の切手も「革シリーズ」の中で最も高額な切手の一つです。
 

ご自宅に眠っている中国切手はございませんか?

家の整理をしていて、もし中国切手が出てきましたら、
是非一度、『買取の窓口』までご連絡ください。

 

買取専門『買取の窓口』

埼玉県さいたま市岩槻区2-2-17
TEL:048-872-7122
HP:http://www.0kai.jp/
オフィシャルBlog:http://blog.0kai.jp/
金貨買取専門サイト:http://金貨買取.jp/

記念硬貨買取専門サイト:http://記念硬貨買取jp/
ダイヤ買取専門サイト:http://ダイヤ買取ます.jp/
 

【検索用キーワード】
中 国切手買取、金買取、プラチナ買取、貴金属買取、ダイヤ買取、宝石買取、切手買取、ブランド品買取、ブランド時計買取、金券買取、チケット買取、コイン 買 取、記念硬貨買 取、商品券買取、貨幣セット買取、電動工具買取、金貨買取、計測器買取、測定機買取、テスタ買取、電気計測器買取、埼玉県、さいたま市、岩槻、大宮、春日 部、上尾、 蓮田、幸手、久喜、加須、越谷、野田、東京、神奈川、郵送買取、宅配買取郵送買取申込はこちら!全国対応


 

 

Copyright(c) 2012 買取の窓口 All Rights Reserved.